高速凝集沈殿装置

LV3~6m/hの高速処理! 省スペースで低コストを実現

特徴

高速凝集沈殿の原理

分配管・阻流板が常時回転することで、槽内一面に均等な上昇流を作り出し、スラッジブランケットを安定的に形成。


沈殿LV3~6m/hの高速処理が可能

従来型装置の沈殿LV(1m/h程度)より高いLVで沈殿分離が可能。


処理水の良質化が可能

微細なフロックをスラッジブランケットが捕捉。


安定した運転が可能

界面でスラッジブランケット界面高さを常時監視。




用途

電機・精密機器、自動車・機械、食品・飲料、医薬品・化粧品、化学・素材

各種洗浄排水、各種プロセス排水、試験・研究排水など

懸濁物質(SS)を高速で除去。