スーパーオルセトラー

超高速凝集沈殿装置 LV=40~80m/h 設置面積1/30


特徴

超高速凝集沈殿

沈殿槽のフロック沈降に沈降促進剤を使用する事により、LV40~80という従来の30~50倍の高流速を可能にしました。


省スペース設置可能

LVを高くなるほど、比例して設置スペースが小さくなります。


導入分野

全産業(半導体、電気、化学、石油化学、食品、飲料、紙パルプ、自動車など)


導入効果

従来のようにフロックの粒径や密度を高めるためにポリマーを注入する必要がないので、ポリマー注入量は50%程度削減できます。沈降促進剤の補給量は原水に対して1~5mg/L以下と非常に少ないので、ポリマー低減効果と併せ、総合的にランニングコストの削減が可能です。