オルチェイサーⅣ

薬剤濃度自動制御装置


概要

冷却水系の薬剤濃度をリアルタイムでモニタリングし、薬剤濃度を自動制御します。


用途

工場やビルの冷却塔(開放冷却系)

薬剤濃度を自動的にコントロ-ル


特徴

水処理薬剤の濃度を自動制御

薬剤濃度を連続測定することで、常に濃度を目標値に自動制御します。


運転変化に対応して障害を防止

冷却塔の運転変化にもリアルタイムで対応するため、障害の発生を防止できます。


持ち帰り分析などが不要

水質管理に欠かせない濃度管理が、従来のように手間をかけることなく可能です。


薬剤経費の削減、環境負荷も低減

薬品の過剰投入を防ぐのでコスト削減、環境負荷の低減にもつながります。


仕様